新築住宅:木造住宅の常識を超える「新工法」:テクノストラクチャー|山本建設株式会社

木造住宅の常識を超える新工法【-パナソニック耐震住宅工法-テクノストラクチャーの家】

テクノストラクチャー3つの驚き

一般的な木造住宅では部屋の間口が3.6m程度。テクノストラクチャーなら最大間口6m。天井高2.8mが可能です。縦にも横にも広い大空間が実現します。柱の無い持出しバルコニーなら1.8m。ビルトインガレージでも並列で2台駐車が可能です。

家の外観デザイン(洋風、和風、モダン等)、間取、大きさ、形はどんなご要望、サイズでも自由自在に対応します。フリーウォール(間仕切壁)による将来の間取変更もフレキシブルに対応可能。世代が変わっても安心して住むことができます。

木造2階建てでは一般的には行わない一邸ごとの綿密な構造計算を行います。地震、台風を想定した災害シュミレーションを388項目。建築前に安心を確認することができます。実際に家を造り実物大の耐震実験も行い実証済です。

テクノストラクチャーのオプション
高気密・高断熱
制震システム
Mフレーム
スキップフロア・斜め壁・R壁・屋根